うつ病の症状に悩んだら病院へ!心の病気を治す秘訣を伝授

治療薬ごとに異なる特色

カウンセリング

新薬は選択的作用に優れる

心因的なことから体に不調が出ている場合は心療内科を受診し、精神面に症状が出ている時は精神科へ受診するなど、うつ病は症状の出方によって受診する科が異なります。何れの科でも薬による治療は提供されておりますので、うつ病でお悩みの時は、我慢せずに病院で治療を受けましょう。病院では患者に合わせて多様な薬を処方してくれますが、数種類に分類することもできます。まず、最も古い種類ではTCAとも呼ばれる三環系抗うつ薬があり、これはノルアドレナリンやセロトニンが、神経細胞へ再取り込みされるのを防ぎ、それらを増やすのが目的です。ただしTCAは、ノルアドレナリンやセロトニンといった神経伝達物質だけを狙って作用する能力は低く、そのほかの物質へも影響するため、便秘や口渇、ならびに排尿関連の副作用を伴う場合があります。三環系の薬は効果がある反面、副作用も多くあることが特徴で、現在では第一選択薬から外されるのが一般的です。そして、三環系抗うつ薬の副作用を減らすために考案されたのが四環系抗うつ薬であり、三環系より即効作用があるのも特色になっています。早ければ服用後、4日ほどで効果が見られるようになるなど、素早い効き目を期待できる薬です。副作用として排尿関連や口渇などを挙げられますが、三環系よりも軽くなっています。一方、セロトニンといった神経伝達物質に対して、選択的に働きかけるよう考案されたのがSSRIです。SSRIは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬の略称ですが、その名の通りセロトニンに限り効くようにできているため、旧来の三環系や四環系に比較して、副作用が抑えられています。副作用が少ない新薬ということもあり、現在では心療内科や精神科でも、SSRIは第一選択薬に選ばれる場合が多い治療薬です。うつ病では神経間の情報伝達に欠かせないシナプスで、セロトニン濃度が下がるとされており、SSRIの働きでセロトニンの減少要因を阻害し、高濃度状態を維持して症状の改善を目指します。また、SSRIの作用には個人差があることも分かっておりますが、主に不安な気持ちや恐怖心を駆り立てる受容体の活動を抑え、うつ病を改善に導いてくれるのが特徴です。SNRIはセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬の略称となっており、SSRIがセロトニンだけの再吸収を抑えることに対し、SNRIはノルアドレナリンの分解や再吸収もブロックできます。ノルアドレナリンの濃度が高ければ興奮神経に作用できるなど、やる気や意欲の向上につなげられるため、SSRIと並んで第一選択薬になることが多い治療薬です。NaSSAは、ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬という薬ですが、その名前が示す通り、ノルアドレナリンとセロトニンに作用します。ところがこの薬はSSRIやSNRIと異なり、分解や再吸収を抑えるのではなく、それらの神経伝達物質の分泌量を増加させる治療薬です。基本的なコンセプトがSSRIやSNRIと違いますから、この2つの薬では効果が見られなかった場合でも、症状の改善を望めるのが魅力になっています。そのほかにもセロトニンの分解吸収を阻害する、SARIと呼ばれるトリアゾロピリジン系抗うつ薬もあるなど、医療機関では特徴の異なる治療薬が数々揃っているのです。

TOP