うつ病の症状に悩んだら病院へ!心の病気を治す秘訣を伝授

自分に合う治療法を探す

看護師

一度うつ病にかかると治療には、長い時間をかける必要があります。過度なストレスが原因の場合が多いので、ストレスのもとを取り除き、ゆっくりすれば治るケースもありますが重症化していると自然治癒はなかなか難しいです。ストレスの原因が自分で分かっていれば問題ありませんが複合的な要因の場合が多く、取り除くのも簡単ではありません。自分では症状の改善が難しいと感じたら、怖がらずに病院を頼ってみましょう。病院での治療は通院治療と入院治療の二つに分けられます。原則はどちらもカウンセリングと投薬治療が主になります。病院によっては薬にできるだけ頼らない形などを目指しており、病院ごとで個性の出るところです。しかし、一瞬で治る特効薬はありません。自分に合った薬や治療法を適切な量や時間だけ地道に続けていかなければなりません。その為、一人で探すのは骨が折れるので病院の先生に手伝ってもらうことをお勧めします。これも慌てて行う必要はありません。うつ病の方は何とかして治さなくてはいけないなど無理をして活動をしようとする傾向にあります。自宅にいるとどうしてもいろいろ始めてしまい、心が休まらない方は入院治療も検討しましょう。以前はうつ病の入院治療と言うと相当重度な症状を抱えてしまってから行うイメージでしたが最近は敷居が下がっています。自宅にいては何かとしなくてはならないとぐるぐる考える方や、焦ってしまうタイプの方はまとまった期間入院してゆっくりすることが有効な場合もあります。カウンセリングや投薬は通院と変わらない状態で受け、他の時間は病院のベッドでゆっくり過ごすことが目的です。静かな病院で過ごすことにより刺激も減り、心が休まるケースが多いです。また入院施設となれば医師も近くにおり、万が一の薬の副作用にも備えることができます。自分に合う治療法を探す試行錯誤は入院すると早く見つかるケースが多いです。同じ境遇の他の患者さんと話ができるのもメリットの一つです。自分だけ悩んでいるのではないと思うだけでずいぶん心は軽くなります。他の方から効果的な治療法を聞いたら無理のない範囲で試してみるのも改善につながります。ただし、お互いプライベートな部分には踏み込まないことです。うつ病の方にやってはいけない相手を否定することや細かく症状を聞き出すことは大きなダメージになります。配慮できずにうっかり踏み込んでしまうことが多いので意識して注意を払いましょう。自分がされて回答に負担を感じる質問は相手にとっても同じです。似たような症状を抱える身としての配慮を忘れないようにします。病院に頼るのは救いようのない状態になってからという認識は変わりつつあります。病院の対応も昔とは違い、多様化しています。外科や内科の入院とは異なり、自宅から離れた休憩スペースのような感覚で使えるところもあります。目的次第ですがこれも焦って選ぶ必要はありません。何かしなくてはと焦るのではなく、気軽に相談に行くくらいが一番です。自分一人でどうにもならないと焦り続けるのなら一度病院の先生を頼って相談してみましょう。

TOP