うつ病の症状に悩んだら病院へ!心の病気を治す秘訣を伝授

治療薬ごとに異なる特色

カウンセリング

心療内科や精神科ではうつ病の第一選択薬として、旧来の三環系や四環系ではなく、副作用の少ないSSRIやSNRIといった新薬から選ぶのが一般的です。またNaSSAは、SSRIやSNRIと違い、神経伝達物質の分泌量自体を増やすのが特徴になります。

More Detail

自分に合う治療法を探す

看護師

うつ病は自宅でゆっくり時間を過ごせれば治療につながりますが、病院の力を借りると尚効果的です。最近では病院の敷居が下がり、投薬やカウンセリングと同時に入院してのんびり時間を過ごす治療法もあります。病院を敬遠せずに治療を相談してみましょう。

More Detail

病院に通うことの大切さ

ウーマン

気になる症状は放置しない

イライラしたり気分が落ち込みやすくなってしまったり、うつ病は様々な症状が出てきてしまいます。また精神的なものだけでは無く、頭痛や吐き気、腹痛やめまいといった症状も出てきてしまうでしょう。最初はちょっとした症状から始まり、やがて心身共に様々な症状が出てきてしまい、最終的に寝込んでしまう人も中にはいるのではないでしょうか。うつ病はれっきとした病気です。他の人から見たらやる気が無い人と思われてしまうかもしれませんが、脳の神経伝達物質が何らかの原因で異変が起きている状態になっていることを言います。自分で何としようとしても、体や思考回路がついてこず、結局何もせずに一日ぼーっとしてしまうという人も中にはいるでしょう。うつ病を甘く見ては危険です。このような症状がある場合は速やかに病院に行くことをお勧めします。もし、発症してしまった場合は精神科や心療内科が一般的です。精神科は精神疾患の専門の病院であり、様々な心の病気に対応してくれる病院になっています。心療内科は主に心身症がメインとなります。心身症自体、体の病気になりますがこの場合、体の病気は心が原因で起きてしまうことも考えられるので、うつ病も心療内科で治療を行ってくれるでしょう。また、病院では同じうつ病であっても、治療内容は一人一人異なります。うつ病は幅広い症状が発生し、その症状の強さの度合いも異なります。その為、病院では患者さん一人一人に合わせた治療プランを作ってくれるので安心です。また、薬の処方の他に、様々な角度から精神的なアプローチをかけていきます。うつ病の治療をする上で大切なことは共感するということです。きちんと患者さんの話を聞き、共感することで、徐々に悩みを解決へと導いていきます。それと同時に抗うつ剤の処方など行い、総合的なケアを大切にしているでしょう。病院に行かなくても大丈夫だろうと安易な考えは危険です。うつ病の症状をそのまま放置してしまえば、病気が悪化してしまう可能性もあるので、出来るだけ早い段階での治療を開始しましょう。病院に通うことで、すぐに改善される訳ではありませんが、きちんと通うことで快方へ近づくことが出来ます。その為にも、まずは自宅から近いなど、通いやすい病院を見つけることが大切です。また、薬を処方された場合、きちんと飲み続けることが大切でしょう。自分で勝手に判断して服用を止めてしまうとせっかくの効果が半減してしまいます。きちんと忘れず摂取することで、より効果を発揮してくれるでしょう。ストレス社会の今だからこそ、多くの人がうつ病を発症し悩んでいます。そんな悩みを一刻も早く改善する為には、専門の病院に通って治療を開始することが大切です。自分は絶対大丈夫という人でも、いつ何が起こるか分かりません。精神的なストレスがどんどん溜まってしまえば、心身共に様々な影響が出てきてしまいます。その為、出来るだけ普段からストレスを発散することが大切です。適度な運動などもストレス発散に効果的なので、上手に取り入れてみましょう。そうすることで、発症のリスクを少しでも軽減することが出来るのでおすすめです。

効果的な治療方法

男の人

うつ病とひとくくりにしても、人によってうつのタイプは異なります。症状が現れたら薬物療法が効果的だと言われていますが、薬物療法だけではなく自分自身の生活を見直したり、何も考えず休息をとったりすることも大切な治療法です。

More Detail

TOP